大事なお知らせ

ようやくお店も4周年を迎えて、色々と見つめてみるタイミングに来ていると思っていました。
去年から始めたキッチンカーのこと、私自身の歌うことに対しての時間を割けなくなったこと、などなど。
 
そして、私達の「Au Lapin Agileの経営」を、3月末で終わりにすることを決心しました。
 
今までを振り返るといろんなことが見えては来ました。
お店に対するイメージとしては「ジャズバー(ジャズレストランバー、と謳ってもなお)では食べるところではない。呑むだけの場所」というステレオタイプもあるのか、メニューを沢山用意しても、限られた方しかお店では料理を頼む方は少なかったように思います。
料理を気に入ってくださった方は、逆にいつも同じメニューを「ここに来たら定番」とばかりに注文してくださったりしていました。
これは、本当に嬉しいことで、うちだから食べられるもの、というのは、かなりあったはずです。
 
ですが、やはり一部の方に限られるのもあり、Kennyの「料理を作りたい欲求」が満たされることはやっぱり毎日は無かったようです。
よくアップしていた写真も、賄いで食べたりする料理としては、かなり色々なバリエーションを登場させていたと思います。
以前はそのアップするたびに、食べたい、と言われて来て下さる方もいらっしゃったりで、モチベーションもありました。
徐々にそういった状況の変化、そして、時の流れもあるのか、「ジャズバーの在り方」に疑問を持つこともありました。
 
私自身もまた、色々と振り返るようになりました。
このままで良いのだろうか?今のうちにやりたかったことを我慢して、「お店があるから」というのだけで良いのだろうか?と。
年を重ねれば、できなくなることもあるでしょう。
まだまだ歌ったりするのは、私の人生の中で満たされていないポイントにありました。
お店で歌うのも、月に1回が通常で、たまに少し増えることもあり、という状態でしたが、このところちょっと外で歌う機会があり、思いの外、沢山喜んでくださる方が居て、嬉しい気持ちがまた「もっと歌いたい熱」に火をつけたのもありました。
普段の私しか知らない方が、歌う私を見て、びっくりしていたこともありました。
そういう状況が久しぶりだったので、かなり私にとっても新鮮でした。
他のところなら絶対ないけど、衣装に着替えるギリギリまでキッチンやらオーダーやらでバタバタし、本番の間もお客様が入れば、オーダーなどで、落ち着いて歌えないこともありました。
衣装でキッチンに入ることもありましたし、シェイカーを振ることもありました。
正直自分のライブの時は、歌う環境としては、あまり良いとは言えませんでした。
歌だけに集中できないのも、やはり店の人間としてやらねばならないところがありました。
やっぱり裏方で居るのもいいけれど、それは私が歌うことが出来なくなってからでも良いのかもしれない、と思ったりもしました。
お店を引き継いで始めた時点でその点は、割り切ったつもりでもありましたが、「石の上にも三年」で、4年経ったからちょっと立ち止まる、というのもありました。
 
自分たちがジャズバーを去るのは非常に残念には思っていますし、既に知っている方からは、このままのジャズバーの状態が無くなってしまうのは寂しいと、残念がられますが、私が最初にこのお店を引き継ぐ時に思っていた「青葉区に生演奏が聴けるお店を残したい」という気持ちも徐々に変わってきたようにも思います。
残したいとは思えども、それよりも、まず自分の人生のことを考えてみたくなりました。
家に帰ったら、シャワーを浴びて寝るだけ、という朝から晩までの仕事の毎日も、働く以外他に何もできる暇もほぼなく、日々過ぎて行く4年間でした。
 
歌う以外にも、好奇心旺盛な私は、スイーツを作るのが好きで取った「スイーツスペシャリスト」も、そのうちにスイーツを食べる方も無くなり、徐々に作ることが無くなりましたし、せっかく調理師も取ったので、もっと創造的なこと、料理に対しても私も向き合ってみたいと思っていたりします。
誕生日ケーキもオーダーされて作ったり、イベントのたびに何か作るのも、これは楽しいことでした。
もちろんKennyもさらにシェフとして活動ができるように頑張っていますし、今までのメニューでも、大抵「美味しい」とリピーターを作っているので、こちらもスモークフードやソーセージなど自家製のメニューをこれからもやっていくのには、自信があります。
お店としては「Smokin’ Bluemoon」というキッチンカーで一生懸命やっていこうと思っています。
現在でも都内を中心に出店していたり、イベントで出店したりもしています。
青葉区民祭りでも出ていましたが、こういった「食べよう」という方がいらっしゃるイベントは、とてもやり甲斐がありました。
 
これから「Au Lapin Agileとして」は、どうなっていくのか、まだ実ははっきりはしていません。
ですが、なるべく演奏が聴けるお店として残せるように引き継いでもらえるよう頑張っているところではあります。
 
 
ですので、今まで「行きたい」と思ってずっと来ていない方にも、是非、「お店が変わるよ」ということをお知らせいただければ嬉しいです。
「早く今月中に行かないとジャズが聴けなくなるかもよ?」なんてお伝えください。
ぜひ、今のお店でジャズの生演奏を聴いて、思い出に残ってくれたらすごくすごく嬉しいです。
 
今まで出演してくださったミュージシャンの方々、そして、来て下さった皆様、この4年と1か月間、ありがとうございました。
すごくすごくわがままに私達が決断をしておりますが、ご理解くださいますと嬉しいです。
このお店(ラパン=うさぎ)をもっと可愛がってくれる次の方が出て来てくれることを願っています。
またそんな方がどなたかいらっしゃいましたら、是非ご連絡ください(宣伝しておきます)。
時間の猶予はあまりありませんが…。
 
3月の末日までライブが出来るか今のところまだわかりませんが、随時スケジュールでは更新をして行きますので、チェックをしてみてくださいね。
私も、第四土曜の最後のライブをここでできるかな~~と思っているところです。
 
最後の最後に、皆様、そして懐かしい方にもお会いできますように!
お待ちしております。
 
ちなみにKennyは7~17日まで居ませんので、食べたい!という方は、そこを外してきてくださいね。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
 
店主Yuki♪
 

Au Lapin Agile

横浜青葉台にあるJazz Restaurant Barの「Au Lapin Agile(オーラパンアジル)」です。 毎日ある生のジャズライブと一緒に、お食事やワインもお楽しみ頂けます。 楽しい一時を、音楽と共にお過ごしください。 アメリカ人も居ますので、英語での会話も弾みますよ。

0コメント

  • 1000 / 1000